オフィス

データセンターの利用

利用するにあたっての基礎知識

データセンターは、インターネットが進んだ現代において、必要不可欠な施設となっています。パソコンやスマホ、携帯機器において、利用しない時はないと言ってもよいです。ところが実際に運営する側に回ると、色々と知ることが出てきます。例えば、データセンターは、通信系企業やパソコンなど電子機器企業が系列として、独自に大規模なデーターセンターを設立しており、レンタルサーバとして貸し出しもしている場合もあります。これらは中小企業などが利用したり、個人で運営する人が利用する場合もあります。価格は、各データセンターによりさまざまですが、平均的にラック料が20万から30万、回線料が10万から30万、データセンターにより専有回線として別途料金をとる場合もあり、この場合は平均的に50万から100万程度です。

データセンターの構造

データセンターとは何かと質問されると、素人が知ったり説明するには難しいものです。それはデータセンターに欠かせないサーバー機器が、山のように積まれているイメージが出ても、なぜそうなっているのか、その内容説明には少し手間がかかります。それは山と積まれたサーバー機器が、データセンターを表す一部にすぎないからです。データセンターは、まずサーバーを置く建物と土地があり、その建物の中にインターネット回線や電気を引き込み、サーバーを入れるラックを設置します。そしておかれたサーバーやネットワーク機器に、OSやサーバーソフトがインストールされ、データの監視ソフトが入り、その上でアプリケーションソフトが入ることで、成立します。この中で、データセンターとは、スペースである建物と回線、そして電力を提供するサービスをおこなう施設であり、データセンターを示す特徴となっています。

トピックス

故障の原因

パソコンが故障する時は、必ず何らかの原因があります。老朽化をはじめ、ハードディスクに対するダメや電源ユニットのファンの停止など、ケースは様々です。原因によって、データ復旧の可否や復旧方法などが変わってきます。

詳細を確認する

復元出来る

近年では、多くの方がpcを使用していますが、その際にウィルスなどが原因でデータを失ってしまうことやpcが故障してしまうなどでデータが消えてしまうことがありますが、近年では復元サービスなどを利用してデータを復元できます。

詳細を確認する

データの消去をする

近年では、データなどを復元するデータ復元サービスなどもありますが、その逆であるデータ消去サービスなども存在いています。このようなサービスを利用することで情報漏洩などを防いでいるのです。

詳細を確認する

関連リンク

  • NTTスマートコネクト

    通信機器を預かってくれるので安心。データセンターを利用したいとお考えであればコチラを必見!その特長を必見です。