故障の原因

パソコンの故障原因の歴史

pcの故障原因は色々あり、昔からあるものや、最近になって起こるようになった故障があります。 昔からある故障はたばこのやにによるもの。この場合アップル社はpc復旧をしてくれません。 また、物理的な要因としては衝撃を与えたために起こった復旧不可能なハードディスクに対するダメージ、ハードディスクのヘッドのズレによるディスクへの傷、pc内の電源ユニット(PSU)のファン停止、その他箇所のファン停止(復旧するためにはファン交換が必要)やメモリ不良、画面への傷、周辺機器の破損、CMOS電池切れによるpcの時計の狂いやビデオカード故障によるアーキテクチャーバグ等があります(復旧するためにはビデオカードの交換が必要)。 ソフトウェアの要因としてはコンピューターウイルスやスパイウェアと言ったマルウェアとして分類されるもの。近年増えてきている不正ソフト、ウイルス対策ソフトと見立てたものやマイクロソフト認定等の嘘を書いたものや身代金を要求するランサムウェア(お金を払ってもパソコンがロックされ使えなくなる)があります。不正ソフトの場合パソコンのリソース(資源)を多く消費するため性能低下などを引き起こします。

パソコン故障のこれから

pc故障はハードウェア的に見ると近年は電解コンデンサが古いタイプから新しいタイプになったことによる長寿命化が進んでいます。 昔は復旧するのには電解コンデンサを交換する必要がありました。 また、一時期に作られた電解コンデンサに欠陥が見つかり寿命が早く来てしまうという問題がありました。 上記でも書いたようにコンピューターウイルス、スパイウェア等は高度化し非常に対処の難しい物になり日々進化し増え続けています。 ランサムウェア等は最近になって良く聞くようになった脅威です。 一度感染すると復旧が難しく、pcの初期化が必要になります。 これからはさらに高度化していきパソコンだけではなく持ち歩く情報端末であるスマートフォンも常に危険にさらされていると言っても過言ではありません。 かわりゆく状況により適切に対応するためには新しい情報を常に収集し対応するため力、正しい知識を身に付けることです。 このことによって脅威の拡散防止に繋がっていくのだと考えます。